Category藤原緋沙子 1/1

スポンサーサイト

  • Comment -
  • Trackback -

藤原緋沙子『すみだ川』江戸時代にシンクロ?

『渡り用人 片桐弦一郎控』シリーズの第4巻。読了。『すみだ川』というタイトルのとおり,そのまま隅田川が舞台。隅田川での上様上覧の水練大会に出場することになった貧乏藩。その貧乏藩の「何とか優勝して賞金をもらいたい」という切実な願いから,その水練チームのコーチを引き受けるようになった主人公。よくもまあ,そういう設定を思いついたモンです。1位から順に賞金が出るとか,餅食い競争とか,上様上覧の水練に「それ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

藤原緋沙子『ふたり静~切り絵図屋清七』

いいかなっと思ったが,そうでもなかった。後半「記録屋」のだるま親爺が出てきて,なるほど。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

藤原緋沙子『密命~渡り用人片桐弦一郎』

シリーズ3作目。円熟している。悲劇の結末でも爽快感が残る。...

  • Comment 0
  • Trackback 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。