Category畠中恵 1/2

スポンサーサイト

  • Comment -
  • Trackback -

畠中恵『こころげそう』切ないけどあたたかい

畠中恵さんの『こころげそう』読了。『こころげそう』ってどんな意味なんだろうと思ってたら,冒頭にちゃんと書いてくれてました。心化粧(こころげそう)「口には言わないが,内心恋こがれること」(江戸語辞典)なるほどな~,心に化粧するとか,江戸の人たちって粋なこと言いますよね。江戸時代を舞台にした時代小説は,こういう江戸言葉とか江戸っ子の粋とか,そういう江戸らしさが感じられるかどうかにかかっていると思います...

  • Comment 0
  • Trackback 0

『ころころろ』読了

ようやく『ころころろ』読了。『しゃばけ』シリーズはどの作品も読むのに時間がかかってしまう。決して面白くないとか退屈するとかいう理由ではない。若だんなや兄やをはじめとした妖たちとの会話や仕草をのんびり楽しんでしまうからだ。ストーリー展開に追われて急かされるように読む小説が多いなか,この『しゃばけ』シリーズには癒される。今回は,ちょっと切なくなる物語だった。でもそれが暗くならずにかえって心地よく感じら...

  • Comment 0
  • Trackback 0

ほんわか『しゃばけ』

畠中恵さんの『ころころろ』を読んでいる。『しゃばけ』シリーズの第8弾,ますます絶好調。とは言うものの,実は「わおー,読むぞ~」というわくわく感はあまり感じないんですね。買ってもしばらく本棚に置いておいて,他に読む本がなくなってきたときに「あっ,『しゃばけ』があったんだ!」という感じなんです。劇的な展開があるわけではないし,スカッとしたヒーローが登場するわけでもないので,ついつい後回しになってしまう...

  • Comment 0
  • Trackback 0

畠中恵『アイスクリン強し』読了

『アイスクリン強し』読了。前半はまるで面白くなかったのに、不思議なことに後半から俄然面白くなってきた。特に何が変わったわけではないのに、なぜだろう? もしかして本当は最初から面白かったのかも。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

畠中恵『アイスクリン強し』を読み始めた

畠中恵さんの『アイスクリン強し』を読み始めた。『若様組まいる』の続編。明治維新の東京の変容が描写されている作品で思い浮かぶのは、松井今朝子さんの『幕末あどれさん』のシリーズ。これは間違いなしの傑作。『若様組まいる』は『あどれさん』よりも時代が少しあとになる。若様たちが新政府の巡査になるという設定の面白さに惹かれて読んだのだが…??? 続編の『アイスクリン強し』での挽回に期待。...

  • Comment 0
  • Trackback 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。