Category牧秀彦 1/1

スポンサーサイト

  • Comment -
  • Trackback -

これは,・・・・・・・・

牧秀彦『上様参上!』この人の作品は,けっこう読んできましたが,可もなく不可もなし。まあ,暇つぶしにはなりました。ところが,これは・・・・。コメディータッチの時代小説を狙ったんでしょうが,ひどすぎ。書くのは勝手だけど,こういうのを商品化した出版社は何考えてるんだろ?もうこの人の本は読まない。久しぶりの読書ブログが,散々・・・。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

牧秀彦『甘味屋十兵衛子守り剣』読了

牧さんの作品は,設定が面白そうで手を出すんですが,シリーズものの場合,2~3巻までしか読めないんです。裏稼業的な暗殺が多い。チャンバラシーンがくどい。あまりに非現実的という理由なんですが,今回の新シリーズはどうだろう?期待と不安半々という感じで読みました。暗殺されそうになった御国御前(側室)と幼い姫君を救った食事係の三男坊が,江戸で甘味屋を開きつつ2人を守っていくという設定。国許からの刺客や同業者...

  • Comment 0
  • Trackback 0

牧秀彦『婿殿開眼~算盤侍影御用』

牧さんのシリーズは設定が面白そうでついつい食指を動かされるが今回も不発。すかっとしない。...

  • Comment 0
  • Trackback 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。