Category中村彰彦 1/1

スポンサーサイト

  • Comment -
  • Trackback -

中村彰彦『闘将伝 小説立見尚文』読了

『闘将伝小説立見尚』読了。最初から最後まで戦闘場面の連続。それを最後まで飽かせず読ませるのは、豊富な史料に裏付けされた史実性の高さがあるからだろう。でも、だからどうなんだ?って感じ。立見尚文という人の人物像が伝わってこなかった。幕末の志士を描いたものとしては、司馬遼太郎の『燃えよ剣』があげられる。たしかに面白いが、心に沁みるのは無名ながら必死に生き抜いた人物を描いたもの。一番は浅田次郎さんの『壬生...

  • Comment 0
  • Trackback 0

中村彰彦『闘将伝 小説立見尚文』を読み始めた

中村彰彦さんの『闘将伝 小説立見尚文』を読み始めた。中村さんといえば、一連の『保科正之』シリーズに代表される会津物だが、私のなかでは『落花は枝に還らすとも』が、一番印象に残る。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

中村彰彦『完本 保科肥後守お耳帖』

どれも味わい深い。最後の「馬之助奇譚」が切ない。ただ保科正之ができすぎに描かれている。まぁ中村さんだから当然と言えば当然だけど。...

  • Comment 0
  • Trackback 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。