Category伊藤潤 1/1

スポンサーサイト

  • Comment -
  • Trackback -

伊藤潤『疾き雲のごとく』頭がこんがらがって

伊勢宗瑞(北条早雲)を狂言回しにして,関東の武将の盛衰を描くという設定。私が読む時代小説の舞台はほとんどが江戸時代。たま~に戦国時代。北条早雲という人は,信長が生まれるよりずっと前の人なんですね。その時代にはあまりなじみがなくて・・・。堀越公方とか古河公方とか,管領がどうとか,時代背景の説明のくだりになると,頭がこんがらがって????だから,3分の1は斜め読み。物語としても,宗瑞が都合よく登場して...

  • Comment 0
  • Trackback 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。