Category乾ルカ 1/1

乾ルカ『てふてふ荘へようこそ』

もともと時代小説中心の私ですから,乾ルカさんの作品は初めて。舞台となるのは,てふてふ荘という名のおんぼろアパート。ただ,てふてふ荘は,おんぼろというだけではなく,なんと,幽霊が住んでいた!もちろん,恐くて夜中にトイレに行けないという,そういうたぐいの本ではありません。1号室から6号室までの住人と幽霊,そして管理人。う~ん。何がいいというわけではありませんが,なんとも不思議な読後感。たぶん,乾ルカさ...

  • Comment 6
  • Trackback 0