Archive2010年07月 1/1

八木忠純『蜘蛛の巣店~喬四郎孤剣の望郷』

悪くはない。佐藤雅美の影響をうけているのだろうか。『鏡三郎』や『紋蔵』の文体によく似ている。ただそれらのシリーズほどの洒脱さはない。でも次回作を読んでみたくなる魅力はある。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

諸田玲子『かってまま』

今年初の諸田作品。この人がこういう作品を書くことに驚かされた。不思議で悪くない読後感。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

乙川優三郎『露の玉垣』

久しぶりの乙川作品。期待が大きかった分,失望が・・・。連作という設定がうっとうしかった。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

畠中恵『つくもがみ貸します』

畠中作品独特の剽軽さがない。期待はずれ。ラストも甘い。...

  • Comment 0
  • Trackback 0