Archive2010年09月 1/1

スポンサーサイト

  • Comment -
  • Trackback -

佐伯泰英『尾張の夏~居眠り磐音江戸双紙』

やっぱり読んでしまった。偉大なるマンネリ。でも今回は自作への期待感を湧かせてくれた。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

北重人『月芝居』

おもしろい設定。うだつの上がらない男のがんばってる感がいい。ただラストがイマイチ。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

八木忠純『関八州流れ旅~喬四郎孤剣の望郷』

やっぱり佐藤作品を読んでいるような錯覚を感じる。ここまで似せていいものか?でも悪くはない。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

早見俊『春の夢~よわむし同心信長』

設定に工夫の跡が見られる。もうちょっと読んでみるか。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

千野隆司『恋の辻占~槍の文蔵江戸草紙』

良くもなく悪くもなく、退屈せずに読めるが、それ以上のものはない。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

永福一成『竹光侍』

漫画の原作の小説化。まっこんなものか。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

仁木英之『僕僕先生』

この作品を時代小説と言っていいのかどうかは別にして,ほのぼのして、ちょっと切なくて、まずまずのメルヘン。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

池端洋介『おぼろ雪~小料理屋「花菊」事件帖』

長谷川平蔵の年齢や経歴が不自然。木村忠吾や酒井祐介が登場したのにはあきれた。こういう作品は池波先生に失礼だ。...

  • Comment 2
  • Trackback 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。