Archive2010年12月 1/1

スポンサーサイト

  • Comment -
  • Trackback -

宮本昌孝『天空の陣風』

図書館で読む。主人公があまりに強すぎ。主人公を案内役に実在の人物を描こうとしたのか? どっちにしても軽い。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

鈴木晴世『冬のよもぎ~旗本伝八郎飄々日記』

旗本で本草学に詳しく薬膳料理と,設定は面白いが内容がだめ。もったいない。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

岩井三四二『踊る陰陽師~山科卿醒笑譚』

岩井さんにハマって立て続けの3作目。登場人物全員のキャラがうまく描かれている。これぐらい堅苦しくない方が楽しめる。はずれがない作家。サブタイトル付きということはシリーズ化するのか? 期待したい。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

岩井三四二『大明国へ参りまする』

この作者の,おそらく膨大な史料を検証したであろうその苦心には頭が下がる。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

岩井三四二『清佑,ただいま在住』

室町時代の公事物は『月ノ浦惣庄公事置書』同様この作者の真骨頂。ユーモアもあり続編が楽しみ。...

  • Comment 0
  • Trackback 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。