Archive2011年02月 1/1

藤井邦夫『指切り~見廻り同心神代新吾事件覚』

人情捕物帖だが,浅い。主人公の成長が今後描かれそうだが期待できそうにない。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

八木忠純『修羅の世界~喬四郎孤剣ノ望郷』

このシリーズも早5作目で飽いてしまった。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

佐伯泰英『新春歌会~酔いどれ小籐次留書』

飽きもせずまた読んでしまった。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

山本一力『いすゞ鳴る』

複数の物語が同時進行で絡み合うという凝った設定にしたが,かえって一力作品の良さが消えてしまった。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

宇江佐真理『晩鐘~続・泣きの銀次』

さすが宇江佐作品。松浦青山を登場させたところが鮮やか。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

佐伯泰英『姥捨てノ郷~居眠り磐音江戸双紙』

相変わらず惰性で読んでいる。いつまで続くことやら。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

安住洋子『日無坂』

安住さんの作品は『しずり雪』『夜半の綺羅星』を読んだ。この2作とも良かったが,今回の作品は乙川作品に通じる情感がある。ぜひ続編を期待したい。...

  • Comment 0
  • Trackback 0