Archive2012年03月 1/1

スポンサーサイト

  • Comment -
  • Trackback -

野口卓『猫の椀』読了

『猫の椀』読了。この設定で例えば宇江佐さんや澤田さん乙川さんあたりが書いたら,それなりの作品に仕上がったのではないかと思う。文章がはっきり言って稚拙。特にセリフが悪すぎた。そのため出来の悪い紙芝居のような風景しか浮かんでこない。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

山本兼一『利休にたずねよ』読了。

『利休にたずねよ』読了。24のエピソードを読み進むにつれ「利休の美学」が明らかになっていくのだろうと期待しながら読んでいったが,見事に肩すかしを食らってしまった。これでは『白鷹伝』からの4部作には遠く及ばないただのエピソード集。確かに「鉄砲作り」や「城づくり」のような「物」を極めるのではなく「美」というきわめて抽象的で,しかも利休のように内面的な美を求めた人を描くのは難しいだろう。美しい絵をいくら...

  • Comment 0
  • Trackback 0

『利休にたずねよ』意外な手法

山本さんの『利休にたずねよ』を読んでいる。てっきり長編だと思っていたら,まったく意外な手法だった。利休に関わりのある人物の彼とのエピソードが綴られた24編の連作集になっている。24編のうち利休が7回(宗易・千与四郎の名で2回),秀吉が3回,宗恩・宗陳が各2回登場するので,すべてで14人ということになる。この24編を1編ずつ読むにつれ次第に『利休の美学』が解き明かされていくのだろう。ところが24編に...

  • Comment 0
  • Trackback 0

山本兼一『利休にたずねよ』読むことに

山本さんの『利休にたずねよ』を読むことにした。山本さんの作品を最初に読んだのは『白鷹伝』「骨太な作品を書く人があらわれた」と嬉しくなったのをおぼえている。それから『雷神の筒』『火天の城』『いっしん虎徹』と立て続けに読んだが,どれも最後まで一気に読ませる迫力があり,新刊が待ち遠しい作家の1人になった。その後『千両花嫁』『狂い咲き正宗』と,シリーズ物の第1作を発表し新たな作風を見せたのだが,やはりこの...

  • Comment 0
  • Trackback 0

高田郁『夏天の虹~みをつくし料理帖』読了

『夏天の虹』楽しみなシリーズということもあって一気に読了。前半の小松原との関係は予想通りの展開。中盤になって又次の存在が大きくなり「なるほど」そういう展開に持って行くのかと思っていたら,まさかの最終話。これまでとは全く違う読後感。でもそれは決して悪くなったわけではない。たしかに今回は重くはなったが,これからの澪の成長を見守っていきたいという読み手の気持ちは変わらない。次作からはひと味違うシリーズに...

  • Comment 0
  • Trackback 0

高田郁『夏天の虹~みをつくし料理帖』読むことに

きのう書店から届いたばかりの,高田郁さん『夏天の虹~みをつくし料理帖』を読むことにした。このシリーズは澤田ふじ子さんの『公事宿』とともに今一番楽しみなシリーズだ。『みをつくし』シリーズは今回が第7作となるが,実はちょっと不安もある。第5作・6作の展開をちょっと急ぎすぎたのではないかということ。小松原の正体をもっと謎のままにしてほしかった。特に第6作のラストは予想通りだったが,あそこまで進んでしまう...

  • Comment 0
  • Trackback 0

葉室麟『いのちなりけり』読了

葉室麟さんの『いのちなりけり』読了。冒頭の場面の咲弥と雨宮蔵人との関わりが読み進むにつれ明らかになっていき,最後にはその冒頭の場面から2人の再生が始まるという構成がうまい。ただ,水戸光圀,藤井紋太夫,柳沢保明,吉良上野介,熊沢蕃山と有名どころを配置し,さらには助さん・格さん,おまけに八兵衛らしき人物まで登場させたのはちょっと…。政治権力の道具にされようとなりながらも凜として自分の生き方を貫こうとし...

  • Comment 0
  • Trackback 0

葉室麟『いのちなりけり』読み始めた

葉室麟さんの『いのちなりけり』を読み始めた。葉室さんの作品は『乾山晩愁』『銀漢の賦』『秋月記』に次いで4作目。この『いのちなりけり』は文庫化されたのは『秋月記』の前になる。『銀漢の賦』も『秋月記』も「男の生き方」を考えさせてくれる名作だと感じたが,この『いのちなりけり』は咲弥と雨宮蔵人という男女それぞれの生き方や心の有り様を描いてくれそうだ。期待通りの序盤。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

乙川優三郎『逍遥の季節』読了

乙川さんの『逍遥の季節』読了。芸に生きようとする女性が逆境を乗り越え自分の信じた道を生きていこうとする姿を,きれいな文章の中に描いておりどの作品も読後感が心地よい。でもしばらくたって思い返してみると,女性に自立という言葉がなかったと言っていいこの時代に,果たして彼女たちの逆境とは逆境と言えるほどのものだったのかな?むしろ恵まれているほうじゃないの?乙川さんのきれいな文章にまんまとしてやられたような...

  • Comment 0
  • Trackback 0

乙川優三郎『逍遥の季節』読み始める

乙川優三郎さんの『逍遥の季節』を読み始める。新刊案内でこの本を見たとき,時代小説らしからぬタイトルだなと思い,内容を確かめたうえで購入した。岩井さんの軽妙から乙川さんの情感へと急転換したので,最初の数ページは頭を切り換える必要があったのだが,すぐに乙川さんの世界へ浸ってしまった。私は『凜』という字が好きで,この頃では葉室さんの作品にこの文字を感じるのだが,実は最初にそれを感じたのが乙川さんの作品だ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

岩井三四二『一所懸命』読了

岩井三四二さんの『一所懸命』読了。岩井さんの作品はどれもテンポが良く,しかもこの作品は短編集ということもあってあっという間に読了した。あっという間だからといって,決して内容が乏しいということではない。むしろ逆。時代小説の大半は江戸時代を舞台にしている。岩井さんは『一手千両』以外はほぼすべて室町・戦国・安土桃山時代を舞台にしている。しかも登場するのは無名の人物がほとんどだ。ところがそのなじみの薄い時...

  • Comment 0
  • Trackback 0

志水辰夫『青に候』読了

志水さんの『青に候』一気に読了。私は読みかけのページには栞やスピンを挟んだりせず,ページの下の角を少し折るのが癖になっている(悪い癖ですが)。その折り目がこの本にも何カ所か付いていた。ということはやはり以前読んでいたということが確定。一気に読んでしまうほどの面白い作品をおぼえていないとは,う~ん,よほど精神的に読書に集中できない時期だったのだろうか?「あっ読んだことある」とはっきり分かったのが,ラ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

志水辰夫『青に候』再読?

どう思い返しても志水さんの『青に候』の印象がない。簡単な読書録をつけだしたのが22年の1月からだがそれにはのっていない。発行は平成21年10月1日発行となっているので発行直後に買ったのだろうか。それにしてもそんなに昔ではないのに・・・なぜ?『つばくろ越え』ほどの作品を書く志水さんが,全く記憶にも残らない作品を書くとは信じがたい。もしかして読んでないのでは? まさか書棚に置いたまま読んだつもりになっ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

志水辰夫『つばくろ越え~蓬莱屋帳外控』読了

志水さんの『つばくろ越え~蓬莱屋帳外控』読了。実は『青に候』の印象が全くといっていいほど残っていなかったので,この作品も実はあまり期待していなかった。ところが,これが読みごたえ十分の作品だった。飛脚問屋蓬莱屋の飛脚たちや主人が登場するのだが,彼らを主役とするのではなく彼らと関わる人々の生き様を描いている。その描き方に志水さんの愛情が注ぎ込まれていて,4編とも心地よい読後感が得られた。それにしても,...

  • Comment 0
  • Trackback 0

志水辰夫『つばくろ越え~蓬莱屋帳外控』

志水辰夫さんの『つばくろ越え~蓬莱屋帳外控』を読んでいる。以前志水さんの『青に候』を読んでいるのだが,実はあまり印象に残っていない。そのためこの作品も購入するかどうか迷ったのだが,設定が面白そうなので読むことにした。予想以上に良い読み応えだ。変に『闇の仕事』っぽくなく,まっとうな商売なのだが悪は許さない。でも安っぽい正義感は振りかざさないという飛脚たちの姿勢が好ましい。まだ2話の終盤だがこの先も期...

  • Comment 0
  • Trackback 0

佐藤雅美『たどりそこねた芭蕉の足跡』読了

佐藤さんの『たどりそこねた芭蕉の足跡』読了。佐藤さんの作品は,表題作以外にも『大盗人藤八と三人の爆睡』など,作品はもちろんだがそのタイトルも魅力的だ。表題作だけでいえば,このシリーズの『花輪茂十郎の特技』『縮尻』シリーズでは『首を切られにきたの御番所』『物書き』シリーズでは『向井帯刀の発心』などなど。佐藤さんのこの3つのシリーズは,法を忠実に守らなければならない役職。ところが桑山十兵衛の八州廻りと...

  • Comment 0
  • Trackback 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。