Archive2015年02月 1/1

スポンサーサイト

  • Comment -
  • Trackback -

惚れてまうやろ

こっ,これは・・・,「いちご大福,作ったんだよ!」奥方さま,悪戦苦闘の集大成ですか。それにしても・・・,なんて可愛らしいんだろ。惚れてまうやろ!...

  • Comment -
  • Trackback -

小鹿田焼の里

ここは大分県日田(ひた)市のはずれ。小鹿田(おんた)焼の里山あいの小さな集落です。ここには300年前からの窯元が10軒。小鹿田焼の窯元は代々長子相続で技術を伝え、弟子を取らなかったため、開窯以来の伝統的な技法がよく保存されているそうです。現在の10軒の窯元も、全てが開窯時から続いていて,共同で土採りを行ったり、作品に個人銘を入れることを慎むなど、小鹿田焼の品質やイメージを守る取り組みを行っています。...

  • Comment -
  • Trackback -

モノトーンの世界へようこそ

2月11日の天気予報は晴れのち曇り風は少々あったものの,三俣山もくっきり。久住山を背後に見ながら,めざすは中岳。次第に強くなる風を感じながら,中岳山頂へ。ここまでは良かったんですよね。でも,昼食のどん兵衛を食べ終わる頃には,カメラの設定を変えたわけではありません。見たそのまんまです。目の前に広がるのは・・・・,モノトーンの世界。雪のないところに半世紀以上生きてきて,スキーもしたことなく,冬はコタツ...

  • Comment 12
  • Trackback 0

愛情2粒,キューピーコーワ

アパート探しで帰省した姫様からの,バレンタインチョコ???「激安で,ポイントもあったから・・・,超お買い得だったよ」それでもうれしい,父なのです。...

  • Comment 12
  • Trackback 0

銀婚式特別企画!

この日のお宿は・・・・,湯の町,別府。光陰矢のごとし,今年はなんと,銀婚式なんです!てことで,銀婚式特別企画,温泉へ行こう!結婚記念日は3月なんですが,そのころは土日も休みが取れそうになく,今回,ひとあし早い企画決行となりました。温泉県大分の温泉と言えば,別府と由布院。対照的とも言える温泉なんです。あえてネオン街を作らず,落ち着いた雰囲気の由布院。女性に人気ですね。かたや,ネオン街ひしめく雑多な町...

  • Comment 25
  • Trackback 0

学問のすゝめ

このお宅,どなたのかというと・・・,このお方の。そう,福沢諭吉先生が若き日々をすごしたお家なんです。中津藩大阪蔵屋敷で生まれますが,父が亡くなったため,1歳半で中津に帰り,19歳まで過ごします。下級藩士の質素な造りです。でも,我が酒席家老邸より広いような気が・・・。まあ私も,下級藩士ですからね。となりには福沢記念館があります。これは,諭吉が緒方洪庵の適塾に入門したときの署名。昔の人は達筆ですよね。...

  • Comment 6
  • Trackback 0

祈り

ここは,県北の中津市耶馬溪(やばけい)「らかんさん」と呼ばれる羅漢寺。山腹を掘って建てられたお堂の中に,五百体の羅漢さんが安置されています。しゃもじは,人々を救う(すくう)と意味から,たくさんの人が願い事を書いて奉納しています。この写真を整理しているとき,後藤健二さんの悲報を聞きました。祈りは届きませんでした。テレビから,テロリストに罪を償わせるという記者会見の声が聞こえてきます。どうやって? 報...

  • Comment 12
  • Trackback 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。