by真兵衛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真兵衛
Posted by真兵衛
by真兵衛

なんといっても「活き」でしょ!

DSC_2300_02399.jpg

奥方様の知り合いからいただき物。

目の下3寸 てやつですね。

グルメ番組でよく「やっぱり鯛は天然に限る」

ていうコメントをよく耳にしますが,さて,ここで問題。

この鯛は天然?養殖?

DSC_2300_02399 - コピー (2)

みなさんご存知でしょうが,

見分け方のポイント①は,尾っぽですね。

天然は上下とも先が鋭角にピンと尖ってます。

これ,尖ってないですよね。

狭いいけすで泳いでるので,ぶつかり合ってこすれたんですね。

それともう一つのポイントは,

DSC_2300_02399 - コピー

背中にいくほど赤が濃くなり,黒っぽくなってます。

浅いいけすで泳いでるので,日に焼けるんです。

天然だと,きれいなピンクのはず。

つまり,この鯛は 正真正銘の養殖物。

でも,刺身にすると・・・,

DSC_2302_02401.jpg

ぜんぜん見分けがつかないですね。

では,お味は????

ア~ンして,ぱくっ。

DSC_2306_02405.jpg

んまい! 最高!

天然だとか,養殖だとか 関係ないっす。

魚で肝心なのは・・・,

「締めの技術」「活きの良さ」

この鯛は,その2つとも完璧です。

だって,くださった方は,

DSC_2304_02403.jpg

この道30年の養殖業者さんですから。
真兵衛
Posted by真兵衛
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。