by真兵衛

夏色の久住山

DSC_2652_02727.jpg

普段は山を占拠している、はるか私よりご高齢の方々も、

お盆中日の14日は、初盆だの孫たちの帰省だので、

きっと山には来ないはず。駐車場も空いているはず。

そう考えてゆっくりめに自宅発。

DSC_2610_02685.jpg

8時50分、牧ノ戸登山口より入山。

ややっ、ガスが・・・・。

DSC_2616_02691.jpg

これじゃあ眺望は期待できないか。

おっと、眺望の代わりに・・・・、

DSC_2620_02695.jpg

吾亦紅(ワレモコウ)

久住山にもガスがまとわりついて・・・。

ガスで眺望に恵まれないときを『撃沈』と言うそうですが、

DSC_2628_02703.jpg

私の辞書に『撃沈』の2文字はありません。

だって、それもまた一興。

登れるってことが幸せですからね。

DSC_2630_02705.jpg

それに、これが楽しみなんですよね。

凍らせておいたフルーツゼリー。

DSC_2631_02706.jpg

ちょうど半解凍状態で、うまいうまい。

おおっ、ガスが消えて天狗ヶ城(左)と中岳(右)がくっきり。

DSC_2638_02713.jpg

これを見た奥方さま、久住山へ猛ダッシュ!

DSC_2641_02716.jpg

あとを追いかけ、ようやく頂上へ。

まだ三俣山にはガスがかかるものの、上天気に。

DSC_2642_02717.jpg

やっぱり眺望は、ないよりあった方がいいに決まってますよね。

さてと、この眺望を楽しみながら、

DSC_2653_02728.jpg

本日のランチはこれ。

DSC_2654_02729.jpg

カップ麺のイチオシ。

高校時代、夜食に食ってたな~。

DSC_2656_02731.jpg

うん、この味、眺望に勝るとも劣りませんな。

食後はもちろんコーヒーでしょ。

DSC_2658_02733.jpg

いや~、至福のひとときであります。

DSC_2662_02737.jpg

三俣山と天狗ヶ城に中岳、右奥が前回登った大船山。

さてと、名残は尽きませんが下山準備。

DSC_2667_02742.jpg

糊空木(ノリウツギ)越しに望む三俣山。

DSC_2670_02745.jpg

この角度からの久住山、かっこいいわ。

夏色の星生崎の下(上じゃありません)を通って、

DSC_2671_02746.jpg

登路脇に目を向けると、なんて名だろ?

DSC_2680_02755.jpg

帰って調べたら、細葉沙参(サイヨウシャジン)と呼ぶそうな。

花の名前を覚えたいよな。

一度登るたびにひとつづつ覚えることにしよう。

DSC_2681_02756.jpg

でもやっぱり、花よりアイス。なんだよな~。


真兵衛
Posted by真兵衛