by真兵衛

抜群の透明度の中、星生山へ

P1000162.jpg

めったにない、土日連休。

でも、奥方様は土日とも休日出勤なので、

私一人での山行とあいなりました。

P1000163.jpg

抜群の透明度の中、阿蘇五岳もくっきり。

噴煙はほとんど見えませんね~。

P1000172.jpg

その右側に浮かんでるのは?

ず~~~む!

P1000173.jpg

雲仙岳であります。

九重連山や阿蘇山は九州のほぼ真ん中あたり。

そこから有明海の向こうの雲仙岳が見えるんです。

それほど今日の透明感はすごいということ。

P1000180.jpg

牧ノ戸登山口から、超ゆっくりペースで歩くこと1時間半。

本日のお目当て、星生(ほっしょう)山。

手前の岩山を巻くように登って、尾根を歩きます。

P1000184.jpg

ずーっと先まで尾根が伸びてて、

ほとんど屏風みたいな山なんです。

P1000182.jpg

以前は、久住山に登る途中にこの星生山に登ったんですが、

本日は、いざというときの介護人(奥方様)がいないので、

安全策をとって、星生山のみなのです。

P1000185.jpg

うわぁ~、こりゃきつそう!

よじ登りながら見下ろすと、

湿地帯の中に池塘とよばれる池が。

P1000187.jpg

そして右に目をやると、

久住山の三角錐が。

P1000192.jpg

その姿に励まされるように、

なんとか尾根にはい上がってきました。

P1000193.jpg

このあとは、けっこう斜度はあるものの、

秋の訪れを感じながらの草尾根歩き。

P1000198.jpg

さあ、いよいよ頂上間近。

P1000200.jpg

ふぅ~、着いたど~~~。

P1000220.jpg

周囲を見渡せば、まさに絶景かな。

右から久住山、稲星山。2つならんで天狗ヶ城と最高峰中岳。

左奥が大船山。

P1000202.jpg

北に目をやれば、奥に大船山と平治岳。

三俣山の左奥の双耳峰は由布岳。

P1000201.jpg

真ん中の盆地が湯布院。

P1000218.jpg

んっ? このむき出しの山肌は?

この山の名は硫黄山。

P1000203.jpg

九重連山は火山なんです。

東に続く岩尾根の巨石も、かつての大噴火の噴石。

P1000221.jpg

そして今もこうして噴煙が。

P1000209.jpg

そういえば、去年、この星生山に登ったのは、

御嶽山の惨事の直後でした。あれから1年。

こうして無事に山行できることに感謝です。

P1000217.jpg

さて、この眺望を楽しみながらのランチは・・・、

P1000213.jpg

いつかはクッカーとやらを使って、

山料理に挑戦したいんですけどね~。

食後のコーヒーも堪能して、

P1000214.jpg

名残惜しいけど、そろそろ下山の時刻に。

P1000222.jpg

いつまでも見ていたいけど・・・・、

下山ルートは頂上付近から、一直線の急降下。

P1000231.jpg

登路脇にはリンドウの花。

P1000232.jpg

そしてこれが、本日見納めの久住山。

P1000234.jpg

振り返って見る本日の稜線。

P1000240.jpg

やがてこの景色が紅葉に染まります。

P1000243.jpg

単独行をよくがんばったご褒美がいつものアイス。

P1000256.jpg

そして、忘れちゃならない奥方様へのおみやげがこちら。

P1000259.jpg

感謝感謝です。

真兵衛
Posted by真兵衛