by真兵衛
  • Comment:0
  • Trackback:0

中村彰彦『闘将伝 小説立見尚文』読了

『闘将伝小説立見尚』読了。最初から最後まで戦闘場面の連続。それを最後まで飽かせず読ませるのは、豊富な史料に裏付けされた史実性の高さがあるからだろう。でも、だからどうなんだ?って感じ。立見尚文という人の人物像が伝わってこなかった。

幕末の志士を描いたものとしては、司馬遼太郎の『燃えよ剣』があげられる。たしかに面白いが、心に沁みるのは無名ながら必死に生き抜いた人物を描いたもの。一番は浅田次郎さんの『壬生義士伝』だろう。
真兵衛
Posted by真兵衛

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply