by真兵衛
  • Comment:0
  • Trackback:0

火坂雅志『軍師の門』

歴史小説はどれもこれも司馬作品の亜流? 『のぼうの城』や山本さんの『職人シリーズ』など、斬新だけど骨太な作品がもっと出てほしいな。

『軍師の門』読了。歴史小説は難しい。司馬作品と題材がかぶると二番煎じになるし、工夫を加えようとしたら伝奇小説になってしまう。そこをうまく書いたのが池宮さんの『島津奔る』と『遁げろ家康』だと思う。

池宮さんの『島津』と『家康』を読んだときは、これは司馬作品にはない面白さと斬新さがある。と拍手したものです。ところが2作とも司馬作品からの盗作を指摘され、結局筆を折ることに。ショックだったな~。
真兵衛
Posted by真兵衛

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply