by真兵衛
  • Comment:0
  • Trackback:0

葉室麟『いのちなりけり』読み始めた

葉室麟さんの『いのちなりけり』を読み始めた。
葉室さんの作品は『乾山晩愁』『銀漢の賦』『秋月記』に次いで4作目。
この『いのちなりけり』は文庫化されたのは『秋月記』の前になる。

『銀漢の賦』も『秋月記』も「男の生き方」を考えさせてくれる名作だと感じたが,この『いのちなりけり』は咲弥と雨宮蔵人という男女それぞれの生き方や心の有り様を描いてくれそうだ。期待通りの序盤。
真兵衛
Posted by真兵衛

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply