by真兵衛
  • Comment:0
  • Trackback:0

『晋平の矢立』読了

『晋平の矢立』読了。
山本作品にしては中編ということもあってか,この人らしい大きなクライマックス場面はなかった。
『夢曳き船』の前編ということで,晋平がどういう苦労をしながら親方になれたのか,配下の腕利きたちはどういういきさつで彼のもとに集まってきたのか,さらには女房おけいとのなれそめは? などを期待していたのだが,そういう場面はなく,ちょっと拍子抜け。
ただ,最終章の『砂糖壺』がいい味を出していて,作品全体を救った感じ。
真兵衛
Posted by真兵衛

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply