by真兵衛
  • Comment:0
  • Trackback:0

佐藤雅美『千世と与一郎の関ヶ原』

佐藤さんは『縮尻鏡三郎』や『居眠り紋蔵』など肩のこらない,でも味のあるシリーズものが楽しみだが,長編にはスケールの大きい力作が並ぶ。
『星雲遙かに~大内俊助の生涯』は半端な長さではなく,読むのにちょっとした覚悟のいる分厚さだったが,その長さを感じさせないおもしろさに一気に読んでしまった。

この『千世と与一郎の関ヶ原』もかなりの分厚さ。でも出だしは快調だ。
題材からいうと,これは時代小説というより歴史小説と言った方がいいのだろう。

関ヶ原といえば,これも正月テレビ時代劇だったか,司馬原作の『関ヶ原』を思い出す。
加藤剛の石田三成,森繁久弥の家康。三成を悪役として描かなかったのが好印象だった。
そして最高の演技が,国広富之の金吾中納言。「こんな若造のせいで天下の行方が決まってしまったのか」と歯ぎしりしながら見たものだ。

さて,佐藤さんのこの作品はどんな関ヶ原なのだろうか。
真兵衛
Posted by真兵衛

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply