by真兵衛
  • Comment:0
  • Trackback:0

郷土史家がまとめた『勤番武士の心と暮らし』

書棚の本が底をつき読む本がなくなってしまった。と思ったら,去年の秋偶然見つけ書棚に置いていたままになっていた本があるのに気づいた。

『勤番武士の心と暮らし』
私の住む町の隣町,そこの郷土史家ご夫妻の作品。
この町の武士が江戸勤番中に家族に書き送った絵入りの手紙を,この武士の子孫が偶然発見し,図書館に寄贈しそれを解読したもの。

IMG_4454.jpg

こういう作品は,
『元禄御畳奉行の日記』や『下級武士の食日記』さらには『幕末下級武士の絵日記』などがあるが,これらの作品と比べても,当時の勤番武士の暮らしぶりが生き生きと伝わってきそう。

IMG_4456.jpg

まだ読み始めたばかりなので,十分なことは言えないが,ふんだんに絵が挿入されており,第1級の史料といっていいのかもしれない。

著者のご夫婦は80歳になられるようだが,長年地元の史談会で勉強を重ねた末での出版。その向学心に頭が下がると同時に,なんと素晴らしいライフワークをお持ちなのだろうとうらやましくなってしまう。地元の書店でしか手に入れることができないようだが,メジャーになってもおかしくない本が,ひっそりと「知る人ぞ知る」という本のままでいるのもいいなと思う。

こういう本の性質上,一気に読み上げるというわけにはいかないだろう。少しずつ丹念に読んでいきたい。
真兵衛
Posted by真兵衛

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply