by真兵衛
  • Comment:0
  • Trackback:0

図書館で借りるのは堕落なのか

私が読むのは原則として文庫本です。
なぜ文庫本なのか? ハードカバーは高い。文庫本は安い。それが唯一最大の理由です。

ところが,その安い文庫本も年に100冊近くなるとけっこうバカになりません。それに文庫本ばかりというわけにはいかず,なんやかんや買うとそれなりの金額になってしまい・・・。

ということで,図書館へ。
図書館のいいところは何か。
「とにかくタダ」
「新刊が読める」
この2点はたしかに魅力的です。

でも,やはり忸怩たる思いはあります。
「読んだ本は手元に置いておきたい」
そして何より,
「読書は人生の肥やしである」という格言。
そんな格言が本当にあるのかどうかは知りませんが,まあ,私の信念のようなものです。
その「人生の肥やし」をタダで手に入れるのは許されない。相応の金を払うべきだ。リスクを負わなければ人間は成長できない。などと思ってしまうのです。

そんなこんなで,これまで図書館で本を借りることは滅多になかったのですが,
「人生の肥やし」だと言ってみたところで「ハードカバーが高いから文庫本」という安直な考えしか持たない私なら,べつに図書館でもいいだろう,とあっさり信念を覆した次第です。

ところが,なにしろ田舎の図書館。
新刊といってもけっこう古くて,話題になるような新刊は置いてないんです。
それでも文庫化される前の本ならそれなりに置いていましたが。

今回借りた4冊のうち,山本兼一さんの『ええもんひとつ』もうすぐ読了です。


真兵衛
Posted by真兵衛

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply