by真兵衛
  • Comment:0
  • Trackback:0

『聖徳太子の密使』猫派か犬派か

平岩弓枝さんの『聖徳太子の密使』を読み始めました。

智恵に優れた白猫「北斗」。優しく機転の利く三毛猫「オリオン」。武勇の持ち主虎猫「スバル」。3匹の猫と愛馬「青龍」をお供に,聖徳太子の命を受けて旅立った,愛娘珠光王女の冒険物語。
「しゃばけ」のような面白い作品だといいけど。

この物語の主要な登場人物(?)が3匹の猫。
我が家にペットはいませんが,飼うとしたら・・・猫? 犬? う~ん。

10年ほど前,子どもたちが「犬を飼いたい」と言い出したことがあります。かなり本気モード。
ちょうど「パグ犬が子どもを産んだので,よかったらどうぞ」という知り合いがいて,いよいよ本気モード全開。
『パグ犬の正しい飼い方』とかいう本まで買って,みんなで勉強。
そしていよいよ,必要なものを買い出しに行こうという前日。

わたし「お世話はだれがするの?」
むすめ「おとーさん!」
わたし「はぁ? なんでやねん? なんでお父さんなの? だめ! やめたやめたやめた!」

ということで,我が家にパグ犬が訪れることはありませんでした。


真兵衛
Posted by真兵衛

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply