by真兵衛
  • Comment:0
  • Trackback:0

牧秀彦『甘味屋十兵衛子守り剣』読了

牧さんの作品は,設定が面白そうで手を出すんですが,シリーズものの場合,2~3巻までしか読めないんです。

裏稼業的な暗殺が多い。
チャンバラシーンがくどい。
あまりに非現実的

という理由なんですが,
今回の新シリーズはどうだろう?
期待と不安半々という感じで読みました。

暗殺されそうになった御国御前(側室)と幼い姫君を救った食事係の三男坊が,江戸で甘味屋を開きつつ2人を守っていくという設定。
国許からの刺客や同業者の嫌がらせなど,まあいろいろと事が起こります。

これだけなら,ふ~ん,で終わりなんですが,
いいキャラを出しているのが,お姫様。
「芦田愛菜」ちゃんみたいに可愛くないのがいいんですよ。

この作品の生命線は,この姫様ですね。

まぁ,暇つぶしに読むのにはちょうどいい,と言ってしまえばそれまでなんですが…。

でも,暇つぶしにもならない本が多すぎるんだよな~。

真兵衛
Posted by真兵衛

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply