by真兵衛
  • Comment:0
  • Trackback:0

葉室麟『銀漢の賦』

『こう生きてみたい』と感じさせてくれる快作。中盤から一気に読ませる迫力があった。

葉室さんの作品を最初に読んだのは『乾山晩愁』だった。この作品も味わいのある作品だったが,
今回の『銀漢の賦』はひさしぶりの感動作に出会えた。

真兵衛
Posted by真兵衛

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply