by真兵衛
  • Comment:0
  • Trackback:0

宇江佐真理『なでしこ御用帖』

宇江佐真理『なでしこ御用帖』(集英社文庫)

八丁堀の町医者の娘お紺は,娘盛りの十七歳。その楚々とした風情から,なでしこちゃん,とよばれているが,じつは大酒飲みの捕り物好き。それもそのはず,祖父は“斬られ権左”のふたつ名を持つ捕り物名人

DSC00256.jpg

なるほど斬られ権左の孫なのか~。

『斬られ権左』を読み返してみようかな。

もちろん, 続編ではないので,読んでいなくても,

ぜんぜんへっちゃらです。

『斬られ権左』も,宇江佐さんらしい 佳作でしたが,

この『なでしこ御用帖』も, 読後感のいい作品でした。



捕物帖というわけではありません。

ちょっとおきゃんな 町娘の成長記?


真兵衛
Posted by真兵衛

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply