by真兵衛
  • Comment:0
  • Trackback:0

吉村昭『暁の旅人』

吉村昭『暁の旅人』(講談社文庫)

幕末から維新にかけて,日本の医学を発展させた医師,

松本良順を描いた作品。

私はもともと,歴史小説を読んでいましたが,

司馬遼太郎氏の,いわゆる司馬史観に辟易し,

藤沢周平氏の時代小説にはまるようになりました。

吉村氏の作品は,時代小説でもない歴史小説でもない,

史伝というジャンル。

130114 009

時代小説・・・史実のすき間にフィクションを織り込む。

歴史小説・・・史料に基づいて歴史を語る。

これに対して,

史伝は・・・・フィクションを排し,歴史そのものを再現する。

したがって,史伝は,堅いイメージがあります。

ややもすると評伝になってしまうことも。

そこを,吉村氏は,読者を飽きさせずに,

最後まで一気に読ませる筆力を持っています。

主人公松本良順の魅力と,維新から明治という時代性を,

十分に感じることのできる作品でした。

真兵衛
Posted by真兵衛

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply