by真兵衛
  • Comment:0
  • Trackback:0

松井今朝子『銀座開花おもかげ草紙』

『果ての花火』がシリーズ3作目。ただ前作の記憶がイマイチだったので再読。
再読してさらにその良さがわかった。人物を通して時代を、時代を通して人物を、見事に写しだしている。

真兵衛
Posted by真兵衛

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply