by真兵衛
  • Comment:0
  • Trackback:0

岩井三四二『大明国へ参りまする』

この作者の,おそらく膨大な史料を検証したであろうその苦心には頭が下がる。
真兵衛
Posted by真兵衛

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply