by真兵衛

小鹿田焼の里

DSC_1147_01210.jpg

ここは大分県日田(ひた)市のはずれ。

小鹿田(おんた)焼の里

DSC_1184_01247.jpg

山あいの小さな集落です。

ここには300年前からの窯元が10軒。

DSC_1198_01261.jpg

小鹿田焼の窯元は代々長子相続で技術を伝え、

弟子を取らなかったため、

開窯以来の伝統的な技法がよく保存されているそうです。

DSC_1162_01225.jpg

現在の10軒の窯元も、全てが開窯時から続いていて,

共同で土採りを行ったり、

作品に個人銘を入れることを慎むなど、

小鹿田焼の品質やイメージを守る取り組みを行っています。

DSC_1163_01226.jpg

何カ所かに見られる登り窯。

これも共同で使っています。

そしてこれは,「唐臼(からうす)」

DSC_1149_01212.jpg

ししおどしのように受け皿に溜まった水が

受け皿ごと落ちる反動によって陶土を挽いてるんです。

この音がいいんですよね~。

DSC_1181_01244.jpg

300年間守り続けられた文様。

窯元の1軒に入って・・・,

DSC_1175_01238.jpg

奥方さまが物色中。

いちおう,茶道を習ってますから。

DSC_1179_01242.jpg

歩くだけで癒される「小鹿田焼の里」

そして,おみやげは,

DSC_1429_01497.jpg

お茶碗とコーヒーカップ。

DSC_1427_01495.jpg

作り手の温かさが伝わってきそう。
真兵衛
Posted by真兵衛